学ぶ鉄道乗車券

東海道・山陽新幹線限定の鉄道乗車券

東海道・山陽新幹線限定の鉄道乗車券 東京都内から姫路まで行く時には東京駅より東海道新幹線を利用すれば乗り換えなしで姫路まで行く事が出来ます。
東京から新大阪までは東海道新幹線、新大阪から先は山陽新幹線の路線区ですが、広島行きや岡山行きの新幹線を利用すれば乗り換えが要りません。
ちなみに、2017年6月時点での東京から姫路間の料金は15,960円です。
この料金は、東京と姫路間の乗車券と指定席特急料金の合計で、金額としては約1万6千円の交通費が掛かる事になります。
出張が多いサラリーマンや旅費を抑えたい旅行者の中には金券ショップやチケットショップを利用する人も多くいるのですが、金券ショップなどのお店は金券類を安く購入しているお店で、東京から姫路間の鉄道乗車券を安く購入する事が出来るようになっています。
割引率はお店により異なりますが、14,900 円などの価格で販売しているお店もあります。
約1,000円の節約ではありますが、往復にすれば2,000円分の鉄道乗車券を節約出来る等の魅力があります。

割引率が10%を越える鉄道乗車券は魅力的

割引率が10%を越える鉄道乗車券は魅力的 電車に乗る時には鉄道乗車券を駅の窓口や自動販売機を利用して購入を行う必要がありますが、普通電車に乗る時には普通乗車券のみで良いのですが、特急電車に乗る時には特急券が必要になりますし、特急電車の指定席を利用したい時には指定席乗車券と呼ぶ鉄道乗車券が必要です。
最近は、電子マネーを利用した乗車が可能になっており、消費税が増税した際に、乗車券の価格も変更になり、電子マネーを利用した場合には、自動販売機を使って切符を購入するよりも若干安い値段で電車に乗る事が出来るようになっています。
しかし、これを上回る金額で電車に乗る方法があります。
金券ショップやチケットショップと呼ぶお店では、指定席特急券や在来線の鉄道乗車券の回数券を販売しており、1枚当たりの金額が10%前後の割引が適用された形で購入が出来るようになっています。
例えば、東京から大阪までの新幹線の乗車券と指定席特急券を駅で購入するよりも10%前後の金額で購入が出来るなどの魅力を持ちます。