学ぶ鉄道乗車券

鉄道乗車券やチケットをお得に買える方法

鉄道乗車券やチケットをお得に買える方法 駅近くにあるお店の種類にチケットショップや金券ショップと呼ばれているお店があります。
金券などの名前が付いている事からも、お金の代わりに利用する事が出来る商品券、図書券、ビール券、鉄道乗車券などの金券を販売しているお店です。
但し、金券を販売していると言っても、正規料金よりも割引が行われた金額で販売しているのが特徴で、500円の図書券が450円などの金額で購入が出来るのでお得です。
鉄道乗車券などもお店により割引率が変わりますが、5~10%前後の金額で購入が出来るので、買い物で電車を利用する時や旅行などで特急列車を利用する時など、通常よりも安い値段で購入が出来ます。
ちなみに、新幹線などの鉄道乗車券も販売が行われており、指定席と乗車券がセットになっているものを購入し、駅で指定席予約を行えば新幹線に乗車する事が出来ます。
尚、こうした鉄道乗車券は回数券などで購入した人が余ったなどの理由でお店で買い取りして貰ったもので、通常よりも安く購入が出来るなどの理由からも注目が集まっています。

鉄道乗車券は、ネット購入か、早めの購入がオススメ

鉄道乗車券は、ネット購入か、早めの購入がオススメ 鉄道乗車券で日常的に近距離ならば、自動販売機などでその区間内の乗車料金を支払う形で特に問題はありません。
ただ乗車券に新幹線などの特急券を活用したり往復で利用したり、遠距離向けの鉄道乗車券を購入したりする場合ではネット購入による早めの購入がオススメとなります。
その理由としては、例えばJR東日本のえきねっとで購入すると「えきねっとトクだ値」という割引サービスを受けることが可能だからです。
さらには「お先にトクだ値」というサービスも存在し、それは13日前までに早めに申し込んでおけばさらに割引率が良くなるというメリットが存在します。
従来は鉄道乗車券はいつ購入しても割引などの融通が利かないイメージがありましたが、ネットの普及や航空会社などの競争でサービスも良化しています。
また早めに鉄道乗車券を申し込みをしておけば、混雑している傾向が強い販売窓口に並ばなくても済みます。
特に年末年始などの帰省シーズンにはオススメの購入方法となります。